Home » 島原 » 皿うどん » 長崎の郷土料理、皿うどんに使う炒麺(チャーメン)とは?

長崎の郷土料理、皿うどんに使う炒麺(チャーメン)とは?


日本ではかた焼きそばとも呼ばれ、九州地方では皿うどんと呼ばれる料理に使う麺です。中国大陸では油でパリパリに揚げた細麺に餡をかけたジャー麺が一般的で、長崎ではそのジャー麺に近い調理法で作られ親しまれています。既に麺が油で揚げてあるものも売られていますが、蒸されたままの状態の麺を自分で揚げ、アツアツの餡をたっぷりとかけて食べると格別に美味しくいただけます。

DSC_1322_1

 

 

 

Comments are closed.